スポーツ機器開発『HANG(ハング)』について

スポーツ機器開発『HANG(ハング)』について

株式会社ハング(HANG)は、大阪市港区にある、世界のものづくりイノベーションを支える開発拠点「Garage Minato(ガレージミナト)」の第1号ベンチャー企業として誕生いたしました。

「Garage Minato(ガレージミナト)」は、研究者やベンチャー企業、ものづくりの企業が集い、アイデアをより早く具現化するためのプラットホーム。(Garage Minatoのウェブサイトはこちらから

この場に、日本の野球機器に関する課題を持ち込みました。

「海外の野球機器は時代に応じて変化している。日本の野球機器は昔と何ら変わらない。野球の理論は進化しているにも関わらず…」

多くの野球チームは、海外から優れた野球機器を輸入し練習に活かしているが、故障、部品の交換にコストがかかる。海外の製品なので品質にも問題がある、それは仕方のないことでした。

しかし、大阪市港区の町工場が集う「Garage Minato(ガレージミナト)」なら、メイドインジャパンの品質で、日本の野球機器を世界へ届けられる。

そして【ものづくり企業7社と22人のチーム】による開発プロジェクトがスタートいたしました。

最初に取りかかったのは、バッティングのティースタンド

大阪の少年野球チーム『大阪堀江ボーイズ』をはじめ、プロ野球チーム『堺シュライクス』、株式会社ハングの代表・弓場直樹がオーナーをつとめる『関西硬式野球団HANG』など、多数の野球チームに、プロトタイプを使っていただきながら改良を続けてまいりました。

野球の楽しさを、ホームランを打つ喜びを、子どもから大人まで、多くの方々に味わって欲しい。

町工場の技術で世界は変えられる。

プロジェクトチーム一同、そう信じて歩んでまいりました。
そうしてようやくカタチになったのが…

ホームランバッターを育成するバッティングティ『サクゴエ(SAKUGOE)』です。

ボールをティの上に置くタイプの“PUT(プット)式”と、ボールを上から吊るすタイプの“SUSPEND(サスペンド)式”の2種類のバッティングティーを開発いたしました。

『サクゴエ(SAKUGOE)/SUSPEND(サスペンド)式』は、より使いやすくするために現在も開発は進行中。

『サクゴエ(SAKUGOE)/PUT(プット)式』のみ、販売を開始いたしました。

大阪のものづくり企業の技術とHANGの思いから生まれたバッティングティ。
この製品で、あなたの野球人生を大逆転へとつなげてください。

◆購入ページはこちらから。

—————————————————
お問い合わせは…株式会社ハング
mail:nyuba29@gmail.com(代表取締役・弓場直樹)